FC2ブログ

仮説の冒険 吉田 司

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

真打登場

その、最も重要な怪物の名は、「関東軍参謀・石原莞爾」。山形県酒田市出身で、彼の爺さま・重道は江戸の新徴組(京都は近藤勇の新撰組)の取締役だった。モロ奥羽越の怨念系である。石原は関東軍ナンバー3の板垣征四郎を引き入れて満州事変を起こした。日本をアジア侵略の道に導いた最大の責任者と言っていい。

石原


あるいは満州国によって昭和初期の東北飢饉の暗黒農村を救おうとした軍事学の天才・魔術師だったと考えてもよい。中国大陸における関東軍の暴走を憂慮した昭和天皇は彼を大日本帝国「下克上の首魁」とみなした……とまで言われている。

石原は満州建国直後の昭和8年、欧米のアングロサクソンと日本との間に「世界文明統一ノタメ人類最後最大ノ戦争」が起こり、その統一戦はアメリカと日本との間で行われるという《世界最終戦争》を予言したことでも有名だ。

「天皇が世界の天皇で在らせられるべきものか、アメリカの大統領が世界を統制すべきものかという人類の最も重大な運命が決定するであろうと思うのであります。即ち東洋の王道と西洋の覇道の、いずれが世界統一の指導原理たるべきかが決定するのであります」(『最終戦争論』 中公文庫)

最終戦争の時代は20年間続き、そしてそのあと「世界は一つになるだろう」と主張したのだった。

そう、この石原莞爾こそ、東日本大震災の後、間違って宮沢賢治のかわりに呼び出されちまった軍人=いまもわたしの脳髄の有機ケータイ画面の中で「セ・カ・イ・ハ・ヒ・ト・ツ・ニ・ナ・ル」って叫んでんだからたまらない。

彼の履歴を洗えば、石原は、2・26事件の思想的黒幕と言われた北一輝(新潟県佐渡出身)と同じく仏教の日蓮=「法華経」の信奉者でした。だから前述したように、そうした「アジアはひとつ」→「世界はひとつ」と、ひとつの絆(民族や団体)で結ばれて矛盾なき「協和の世界」(運命共同体)を作ろうとするムーブメントを歴史学者は「全体主義(ファシズム)」(個人主義の逆)と呼んでいます。

ただ、石原莞爾の「五族協和」の世界は当時のナチス・ドイツやイタリアの欧州型ファシズムとは一味違った全体主義の形を描いています。もっと突っ込んで言うと、彼は日蓮宗国柱会(田中智学)の熱烈な信者であり、この最終戦争論の予言も田中智学の日蓮主義による「世界の霊的統一」を下敷きに展開されたとも言われているのですね。実際、「満州国」をつくったさいには「南無妙法蓮華経」の垂れ幕を下げたと伝えられているくらいですから。

でね、ちなみのこの田中智学って人を簡単に紹介しておくとね、「八紘一宇」(八紘を掩(おお)うて宇(いえ)を為さん……神武天皇の詔勅)、日本が軍国主義時代だったときの海外侵略スローガン用語を造語した作者として知られる“法華ファシズム”の代表的人物です。

そしてその田中智学には実は石原莞爾の他にもう一人、熱烈な信者がいたのです。それがあの「雨ニモマケズ」の宮澤賢治(岩手県花巻出身)だったのです。

大正9年、賢治は親友の保阪嘉内にこう手紙を書いている。

「今度私は/国柱会信行部に入会致しました。(中略)日蓮聖人に従い奉る様に田中先生に絶対に服従いたします。」

石原莞爾と宮澤賢治は、この世にあるときに直接出会った痕跡はない。死後の霊界ではどうだか知らないが……。もしかしたら、わたしの有機ケータイ画面に賢治と間違って莞爾が現れてきてしまったのは、二人が霊界で出会っている証拠ということではないだろうか????

そんなことはわたしの妄想だろうが、このことだけは考えてほしいのですよ。宮澤賢治には「雨ニモマケズ」の他にもう一つ、すっごく有名な世界「隣人愛」ヒューマニズムを叫んだと言われる、次の言葉がある。しかしその言葉は本当に“一匹の迷える小羊”を探す20世紀のヒューマニズムを指し示す言葉なのか? それよりはむしろ「アジアはひとつ」→「世界はひとつ」の全体主義の時代の到来を映し出す“予感の言葉”ではなかったのかと……と。

 《世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない》(『農民芸術概論綱要』)
(つづく)

*写真は、石原莞爾『最終戦争論』、『戦争史大観』(ともに中公文庫)
スポンサーサイト
  1. 2011/06/18(土) 18:01:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<反原発デモ仕掛け人との再会 | ホーム | 東北の怨念が始めた戦争>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsukasa45.blog.fc2.com/tb.php/5-e83ac88a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。