FC2ブログ

仮説の冒険 吉田 司

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7 親方日の丸システムの陥穽

 前回の護送船団方式に地獄は存在しなかったというのは、あくまで基本的に……である。なぜなら、この親方日の丸・企業社会には大きな欠陥があった=企業共同体システムってのは、労働者の福利厚生(健康保険や老齢年金)までの面倒はみな子分の企業社会群の民間の「組(くみ)」がみる。親方の「国家官僚」は子分の経済ビジネスや公共事業を優先的に予算配分して面倒をみてやるという一種の国家統制・計画経済みたいな再分配システムなのだが、このシステムに入ってしまうと人間(労働者)は一生サラリーマンの「籠の鳥」人生で、住宅ローンを払い続け、それ以外の生き方が許されない=ベルトコンベアーに乗せられたような人生しか送れなくなってしまうシステムでもあった。当然、企業への絶対忠誠がその共同体の掟となったから、なんのことはない、戦前は天皇陛下への忠誠(農民兵士)→戦後は企業への忠誠(産業兵士)という集団主義で日本人は暮らしてきた。戦後民主主義もヘッタクレもなかったのである、ホントのところ。
 だから山田昌弘は、前出の木本喜美子の「家族賃金システム」によって逆に「家族が失うものがある」ことを指摘する。
「私が重要だと考えるものは『家族間競争』という概念である。労働者家族同士が、(他の家族と遜色ない)豊かな生活を目指して。企業への忠誠心競争に転化し、結果的に、単身赴任や長時間労働を家族が受け入れてしまうのである。その結果、家族関係が貧しくなり、女性の不満がつのるという構図が導き出される」
 ただしホントに不満がつのったのは女性(妻)よりも子どもたちだった。将来は一生サラリーマンの産業戦士で、いまはその予備軍育成のために激化する「受験競争」を生き残らなければならなかった。友達を裏切り、蹴落として一人生き残るサバイバルゲーム。1980年代、学校荒廃・いじめと登校拒否→ひきこもりが連続したのは、そうしたベルトコンベアー人生への子どもたちのレジスタンスだった。

「ひきこもり」の再解釈

そしてそう……いま気づいたのだが、その子どものひきこもりこそ戦後の核家族が体験する最初の《在宅介護》地獄となったのだ。
 両親に子どもを扶養せねばならない「絶対的義務」があり、その引きこもり(在宅)になった子どもたちがどんな家庭内暴力で親たちのサラリーマン人生を破滅させていったかは歴然としている。だからその「家族崩壊」の時代の子どもが自分たちを《おたく》と呼んだことも改めて思い出させる。おたくに漢字を振るなら正確には《在宅(おたく)》だったのではないかと。つまり現在の老親扶養義務(在宅)に先立って。子ども扶養義務の地獄をひとつ、戦後日本人はすでにクリアしてきたのだと言ってよい。あの時は〈親〉が血の涙を流した。今は〈子〉が血の涙を流す。でもね、最初と二度目では決定的に違っていることがある――〈落ちこぼれ〉はごく少数の国民現象だったし、あの時はまだ日本は「世界一のお金持ちの国」だった。その豊富なお金がベルトコンベアーからの「落ちこぼれ」(ひきこもり)の子どもを扶養する余力を日本社会に与えていた。
 フリーターという“自由な生き方”を選ぶこともできた。しかしいまはその「豊富なお金」(家庭内ストック)が失われた。バブル崩壊から小泉新自由主義・格差社会の到来で企業共同体の福祉システムも機能停止・瓦解したからだ。「一億総中流」という戦後社会の「平等互恵」(反格差)の精神は埋葬され、全労働者の3分の1が非正規雇用のワーキングプア社会。介護倒れ。介護うつを含む自殺者が毎年3万人を超えるという異常で不条理な社会が姿を現してきた。すなわち二度目の在宅地獄(老親扶養義務)の時代がやってきた!のである=例えば非正規が3分の1ということは、単に「低賃金」だけを意味しない。日本企業がこれまで労働者に支払ってきた健保や年功制など福祉のためのセーフティーネット資金をチャラにできるようになった。その未払い分の余ったお金はガッポリそのまま会社の儲け=内部留保に変えて、国と大企業はデフレ不況を乗り切ったというわけなのさ。銀行利子をゼロにして。金融資本を助けたのと同じトリックだ。そしてね、その一方、セーフティーネットを失った「下層社会」の人々に準備されたのは、国の公的扶助にも共同体にも頼らない自立・自助の原理=家族の絆(親子関係)による助け合いの強制=在宅介護で国民に“身銭を切らせる”ことだったのだ。
 だからね、企業内福祉の時代にはそれほど必要のなかった民法887条が高齢者介護や生活保護のための“地獄の掟”に変わったのは、新自由主義以後の、つい最近の話だということはハッキリと覚えておいたほうがいい。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/18(月) 22:48:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8 887条を活性化させたのは誰だ! | ホーム | 6 護送船団方式時代に地獄は存在しなかった?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsukasa45.blog.fc2.com/tb.php/41-d8374dee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。